宝くじは一番簡単に大金を得る可能性がある

一攫千金といえば、ギャンブルや投資がある。
しかしながら、これらは知識が必要であり、誰でも勝てるというわけではない。
そこで平等に、知識も必要とせず大金を手にする方法がある。
それが宝くじである。
毎年1億以上の大金を手にする宝くじ購入者が存在している。
また、1億以上の大金ではなくても、1等の賞金が1000万円前後の宝くじはかなり頻繁に売り出されている。
ギャンブルや投資は大金を失う可能性があり、リスクが大きい。
しかし宝くじならば、数百円で大金を手にできる可能性もある。
今後も一攫千金の夢を求めて宝くじを買う人は増えることだろう。
これは人々がリスクが少なく、大金を手にする夢を持っているからである。
つまり宝くじに対する需要は今後も増えるだろう。